ナチュラル バブルス ロゼ 2015

Profile
プロフィール
タイプ
ロゼ泡(辛口度 ★★★★☆)
産地
スロヴェニア
生産者
GORDIA/ゴルディア
品種
レフォシュク Refosk (sco)、メルロー
ヴィンテージ
2015
アルコール度数
12.5%
容量
750ml
適温
10〜15℃



Taste
テイスト

 フレシュなフランボワーズ、ストロベリー、チェリーなどの香り、キメ細やかで上品な泡が口内を優しく刺激します。味わいは辛口ですが、酵母由来の旨味から柔らかさが感じられ、それでいてどこか懐かしさを兼ね備えています。果実感がジューシーでチャーミング、微かなタンニンが心地よく、余韻が長く続きます。※滓引きを行っていないので、瓶底には滓が見られます。旨味が豊富なので滓ごと飲んで頂いても問題ありませんが、気になるようでしたら瓶底に沈殿させてお召し上がり下さい。


Marriage
ワインと料理のマリアージュ

《おすすめの料理》検証中なのでお待ち下さい。







Marriage
スロヴェニアの奇人が手掛けるナチュラルスパークリングワイン

   Gordiaのワインは亜硫酸以外の添加物は一切加えていません。酵母も自生する天然酵母です。イタリア、トリエステ近くの国境に位置するKolomban村に3.5haの畑を所有する家族経営の小さな造り手です。

 このワインには2015年に収穫された黒ぶどう「レフォシュク」が使われています。レフォシュクはイタリアの北東部からクロアチアに跨るイストラ半島で育つ土着品種です。酸が豊かでコクのあるフルボディタイプの赤ワインが特徴です。このレフォシュクが主体の飲み応えのあるロゼのスパークリングワインです。

 一次発酵は酵母の添加や補糖は一切行わず、果汁だけを発酵させる直接圧搾法でロゼワインが造られます。二次発酵は砂糖ではなく翌年のぶどう果汁を加えて、シャンパーニュ地方と同じように瓶内二次発酵で施されます。その後、瓶内で24ヶ月熟成させました。滓引きをしていないので目減り分を補う事はしていません。通常スパークリングワインは補酒の砂糖の量でワインの甘辛が決定するのですが、Gordiaのスパークリングワインは補酒(糖)ゼロです。(ドサージュゼロと言います) 余計な事は極力控えて、自然に任せてワインを造っているので、ぶどう本来のポテンシャルが存分に楽しめます。また、栓はコルクではなく王冠を使用しています。抜栓すると泡が立ち、まるでお魚が泳いでいるように見えます。

 ワインの安全を守る為、亜硫酸はごく少量の添加をしています。ナチュラルワインですが、ぬか漬けなどの還元香からくる田舎臭さは全くなく、洗練された、でもどこか親しみ&温もりのあるイメージです。シャンパーニュやスパークリングワインが持つ人為的なものは感じられず、それは本当に質の良いぶどうから丁寧に造られた証です。Gordiaのスパークリングワインは、1ボトルで3度お楽しみ頂けます。

1. よく冷やしてキメ細かな泡の感触とのど越しを楽しむ。(小振りのグラスかフルートクラスで10℃)
2. やや温度が上がり、泡が穏やかになり、そこに広がる香りを楽しむ。(中振りのグラスで12℃)
3. 高め温度のスティルワインとして最後は底に沈んだ滓ごと旨味を楽しむ。(大振りのグラスで15℃)


 今回は徹底した温度管理下で短時間の空輸をしたのでワインのダメージは少なく、非常に良い状態です。Gordiaについては、追って紹介ページを作成します。奇人と言われる当主Andrejのワイン造りや哲学についても言及します。気長にお待ち頂ければと思います。なお、ワインの入荷は6月14日を予定致しております。配送日は15日以降をご指定下さい。



                     Read more ↓↓↓









Contents