スロヴェニアでNO.1の赤ワインの造り手 "ROJAC" レフォスク2018 4月入荷予定

スロヴェニアの赤ワインのパイオニアROJAC

Profile
プロフィール
タイプ
赤(フルボディ度 ★★★★☆)
産地
スロヴェニア
生産者
ROJAC/ロヤッツ
品種
レフォスク(コ)
ヴィンテージ
2018
アルコール度数
13.5%
容量
750ml
適温
17℃



Taste
テイスト

 
 3,000円台のワインとは思えない驚愕のコスパです!大人気のため、2015年、2016年と輸入し(2017年は蔵元サイドで即完売となったため、皆様には随分お待たせしました)前回の教訓から、今回はガッツリ2パレット(1320本)を頂けましたので、365wineが驚異的なブレイクをしない限り、2〜3ヶ月で売り切れることはないと思います。どうぞご安心下さい。前置きが長くなりましたが、レフォスクは果実味が豊かで、カシスやプルーンなどの凝縮された香り、酸も豊富なのが特徴です。タンニンは柔らかく丸みを帯びているので、飲みやすいのなんの!アフターのエキス分に力強いエネルギーを感じます。いやはや、手前味噌で恐縮ですが、「リーズナブルなくせに、してやられたワイン!」です。


Marriage
ワインと料理のマリアージュ

《おすすめの料理》 パワフルなワインなので、ビーフシチュー、モツのトマト煮、牛すじの赤ワイン煮込み、ボルシチなどのトマトを使用した煮込み料理が合います。トマトの酸がワインの酸に見事にマッチング!!その他、ヒレステーキ、焼き肉(タレ)、すき焼きなどもおすすめです。あと最近、味を覚えた馬肉もGOODです!






Marriage
「美味しい赤ワインが造りたい!」

   ROJAC(ロヤッツ)は、スロヴェニア西部のプリモルスカ地方、イストラ地区の港町イゾラに本拠地を置きます。海岸から東に進むとなだらかな丘があり、その峰には黒ぶどうの畑が広がります。この土地で何世代にも渡って、ワインを造ってきたのがROJACです。1980年代、品質が悪くて美味しくないという理由から、スロヴェニアでは赤ワインにコーラを混ぜて飲んでいました。このような飲み方は、いかなる生産者も歓迎しないでしょう。それから半世紀弱の時が経ち、品質は向上しつつも、大抵のスロヴェニアの生産者は、沢山の白ワインの中に少しだけ赤ワインを造っています。このことからもわかるよう、スロヴェニアは冷涼なワイン産地のため、7:3で白ワインを得意とする国です。赤ワインは白ワインと比べると、バラエティが極端に少なく、その選択肢の狭さと価格の高さから、現地でも白ワインに手が伸びてしまいます。実際、同じメーカーの赤白が並んでいたら、90%のスロヴェニア人は白を選びます。そこにはそれぞれ理由があるのでしょうが、スロヴェニアでは白(オレンジ含む)が一般的なのです。それを打破しようと60年前の祖父の時代から奮闘してきたのがROJACです。「〇〇の赤ワイン飲んだ?あんなに美味しい白&オレンジワインを造るのに、赤ワインは所詮あのレベルなんだ」と当主ウロスはお友達のワイナリーを平気でディスります。彼は「美味しい赤ワイン造り」に命をかけてきたのですから、評価がシビアになるのも無理ありません。

 白ワイン(=オレンジワイン)がメジャーな国で、マイナーな赤ワインを手掛ける。何世代にも渡った、このチャレンジ精神には脱帽です。スロヴェニアは国土の46劼鬟▲疋螢海に面しています。イストラ地区は地中海性気候の影響を受け、多雨で暑いのが特徴です。真夏の照りつけるような日差し、朝晩の寒暖差、海風が吹き付ける丘の斜面。ここでは豊かな酸と糖を含んだ、良質なぶどうが栽培できます。好条件が揃いにも揃い、イストラはスロヴェニアの赤ワイン全生産量の46%を誇っています。赤ワインに使用されるレフォスクは、ローマ時代より前に、タジキスタンやウズベキスタンから伝わった品種です。のちにイタリアに伝播してレフォスコと呼ばれるようになりました。平均樹齢30年、果皮の色が濃く、酸が豊かです。果汁は糖度計で30度と、とても甘いのですが、この品種は酸がしっかりとあるので、実に良いバランスです。ぶどう木1本から約1kgの収量を守ります。

 天然酵母を使用して、温度管理をせず(25〜30℃)、開放型の大樽で15日醸します。4時間/日かい棒を使用して、手動でパンチングダウン(二酸化炭素によって液面に浮いてきた果帽を果汁に沈める作業)を行い、果皮の色と成分を果汁に抽出させます。その後、18ヶ月フレンチオーク&スロヴェニアオークの古い小樽とステンレスタンクを併用して熟成させます。畑のテロワールとぶどう品種の個性を引き出すため、新樽は使用しません。樽の風味が全てをマスキングしてしまうからです。また、熟成期間中、樽から蒸発してワインは目減りしますが、その分を補酒(リザーブワインを使って補填)するのを控えます。更に6ヶ月ステンレスタンクで熟成させます。自然沈殿で清澄するのを待ち、上澄みだけを移し替えます。フィルターはかけません。カレンダー(種まきカレンダー?ビオディナミカレンダー?)により、月光の元で2020年9月にボトリングされました。

 「スロヴェニアで1番美味しい赤ワインを造るのは、ROJACだ!」そう、ウロスはキッパリ断言します。スロヴェニアでここまでのものを造り上げるのは、並大抵なことではありません。恐れ入りました。だって彼のワインは、思わずニヤけるほど、美味しいのですもの。ウロスの赤ワインに向き合う真摯な姿勢に心撃たれました。今飲んでも、もう少し寝かせて置いても楽しめる極上の赤ワインです。是非ご賞味下さいませ。



                     Read more ↓↓↓









Contents