About Slovenia Wine

 

地理

 

 「スロヴェニア」と耳にして、それがヨーロッパのどこにあるかを、地図で指し示す事ができる人もそう多くはないと思います。イタリアの東側、オーストリアの南側、ハンガリーとクロアチアが東側、そして西側の一角である4.8Kmをアドリア海に面する、国土面積20,273平方キロメートルの四国ほどの小国です。


 





 スロヴェニアはフランスのボルドー地方と同じ、北緯45度の緯度に位置します。地理的にも気候がワイン造りに適した土地で、実際に約28,000軒ものワイナリーがあります。ぶどう栽培面積は22,059haで、年間の生産量は900ヘクトリットル(=9億リットル、ちなみに世界の総産出量は2億7900万ヘクトリットルー2014年データ)です。

 

   





3つのワインリージョン(地方)

 


 スロヴェニアには3つのワイン産地があります。北東のポドラウイェでは辛口白、スパークリングワイン、少量ですがその南のポサウイェではライトボディの赤ワインや甘口ワイン、全産量の40%を占める南西のプリモルスカ(海側の意味)では重めの赤ワインが造られます。3つの産地は更に細かく14の地区に分けられます。



 

ワイン史

 

 今から2400年前の紀元前400年頃、現在のスロヴェニアの領土でケルト人によりワイン造りが始まりました。1世紀に入るとローマ人の支配下により、ケルト人のワイン造りは急速に衰退していきます。一方、ローマ帝国の繁栄と共にワイン産業は拡大しました。いくつもの考古学書に、陶器で保管と熟成をさせる独自の方法を生み出したと記されています。

 



 
 中世になると大多数の畑は、カトリック教会が所有していた為、当時は醸造の知識を持っていた祭司や修道士の手によって造られました。今日でさえも数軒の修道院では、少量ですがワインが造られ続けています。11世紀には都市建設が進み、ワイン産業も発展をみせます。13世紀には法律でワイン生産者の権利と義務が認可され、16世紀には畑仕事の指示書が完成しました。18世紀にはぶどう畑とワインセラーに関しての最初のマニュアルが発行されました。19世紀(1872年)には、マリボルにスロヴェニア初の農業学校が建設され、その後ヴィパーヴァ、ノヴォメスト、ゴリカが続き、ワイン造りは教育の重要な一部として組み込まれていきます。しかし、19世紀後半(1880年)にヨーロッパ全土を襲ったフィロキセラは、スロヴェニアでも被害を出し、およそ半数のぶどう木が死に絶え、ワイン造りの発展に大打撃を与えました。



 その後、第二次世界大戦までの10年間はワインの消費は右肩上りでした。戦後はぶどうの作付け面積も増え、ワインは一般的な飲み物として市民権を得ました。しかし、協同組合の管理下だった為、品質が著しく低いのが問題でした。1970年代初頭、スロヴェニアワイン保護に関する法律が定められ、献身的な生産者の取り組みにより、品質を重視したワイン造りが行われるようになりました。1991年に旧ユーゴスラビアからの独立を果たし、生産者の努力により飛躍的に品質が向上します。ぶどう品質を保つ為に大量生産をしない上に、家族経営の生産者が大半なので、当然のことながら生産量は限られます。その為、国外の市場にはなかなか顔を出さず、そのほとんどが自国で消費されます。アーティスト(=生産者)達によって、丁寧に造られた芸術作品(=ワイン)は、今日、世界に認められ高い名声を得ています。

 

 
 
  



 

ぶどう品種

 

 スロヴェニアでは52種類のぶどうが栽培されています。白ぶどうが37種類で全体の70%、黒ぶどうが15種類で30%を占めます。ここでは一部の有名な品種をご紹介しましょう。


《白ぶどう》

・国際品種
シャルドネ、ピノ グリ、ピノ ブラン、リースリング(Renski Rizling)、ソーヴィニョン ブラン(Sauvignon)、ゲベルツ トラミネール(Traminec)、モスカート ビアンコ(Rumeni Muskat)、Rizvanec(ミューラートゥルガル)、ケルナー、ミュスカ オットネル(Muskat Ottonel)、グリューナー シルバネール(Zeleni Silvanec)

・伝統的な土着品種
マルバジア(Malvazija)、Welschriesling(Laski Rizling)、Zeleni sauvignon(Sauvignonass、Tocai Friulano)、フルミント(Sipon)、Ribolla gialla(Rebula)Bouvier、Radgonska ranina(Ranina)

・珍しい固有品種
Zelen、Pinela(Yellowish)、Vitovska Grganja(Vitovska)、Kraljevina、Glera、Klarnica、Rumeni Plavec、Ranfol(Belina)


 

                                       Malvazija           Pinela(Yellowish)          Zelen



《黒ぶどう》

・国際品種
ピノノワール(Modri Pinot)、メルロー、カベルネ ソーヴィニョン、バルベーラ、シラー、ツヴァイゲルト、ガメイ、Blaufränkisch(Modra Frankinja)

・伝統的な土着品種
Refosk(Refosco)、Saint Laurent(Šentlovrenka)

・珍しい固有品種
Kölner Blauer(Zametovka)、Muscat rose(a)(Cipro)

 

 

                             Saint Laurent(Šentlovrenka)   Blaufränkisch(Modra Frankinja)  Refosk(Refosco)      

  

     

 

スロヴェニア第2の都市マリボルには、世界最古の樹齢400年のぶどう木があります。今もなお現役です。

 
世界最古のぶどう木について(English 5 mins)






スロヴェニアのワイン法

 

 スロヴェニアのワインは2006年までは4つのカテゴリーに分類されていました。ドイツワインの格付けとよく似ています。市場に出る前に全てのワインは公的機関で検査を受け、Zasciteno Geografsko Poreklo(ZGP)のそれぞれのクラスに分けられます。スロヴェニアワインの70%が格付けのクオリティワインとプレミアムクオリティワインの基準を守っています。


・Vrhunsko vino ZGP (プレミアムクオリティワイン) 10%
Vrhはスロヴェニア語で頂点の意。ドイツワインの Q.m.P.に似ている。先ずは、格下のkakovostno ZGPに認定されたのち、厳しい審査を通過する必要がある。 スロヴェニアのワイン生産者組合によって制定された、指定時期の収穫と報告、補糖(スパークリングワインを除く)、補酸、除酸、濃縮果汁の添加は一切禁止などの厳守が義務付けられている。

・Kakovostno ZGP (クオリティワイン) 60%
ドイツワインの Q.b.A.のようなもの。特定のワイン原産地を明記したワインで、各産地では使用可能品種や醸造方法が定められている。産地の個性、ぶどうの品種の個性が表れている。

・Dezelno vino PGO (カントリーワイン) 
フランスのVin de pays、ドイツのLandwein、イタリアのIGTと同じような位置付け。輸入ワインを扱う場所での保管や瓶詰は禁止されている。

・Namizno vino (テーブルワイン) 
原産地名なし。異なる地方でブレンド可、輸入果汁と国内のワインとのブレンドは禁止。国外のぶどうから造られている場合は、産国をラベルに表記しなければならない。




 2006年より、スロヴェニアのワイン法はヨーロッパに統一され、現在は従来の格付けをまとめ、大きく2つのカテゴリーに分けられています。

・Kakovostno vino ZGP (クオリティワイン PSR)  
原産地呼称ワインで、以前の品質のピラミッドのトップに位置するVrhunsko vino ZGP (プレミアムクオリティワイン)とKakovostno ZGP(クオリティワイン)。 

・Namizno vino (テーブルワイン) 
Namizno vino (テーブルワイン)と以前のDezelno vino PGO(カントリーワイン)。スロヴェニア語でmizaはテーブル、namiznoはその形容詞。 





 その他、Arhivsko vino(Archive wine)は、通常3年以上、法的には熟成が終わっていなくてもリザーブしているワインの呼称です。Mlado(Novo vino)は、現行ヴィンテージのワインの特別な呼称として、そのヴィンテージに続いて1月31日までにマーケットに出すことが許されています。 また、ポサウイェ地方のVino PTPは、伝統的な格付でクオリティワインのカテゴリーに属されます。


・Cvicek PTP 
Dolenjska地区のライトボディの赤みがかった白・赤ワインの品種(Zametovka, Kraljevina, Modra frankinja, Laški rizling )。

・Teran PTP  
Terra rossa土壌の影響を強く受けた、 Kras地区のRefoškから造られる赤ワイン。

・Metliska crnina PTP  
Bela Krajina地区のガメイ、Modra frankinja、Šentlovrenka、 Modra portugalkaをブレンドした赤ワイン。 

・Belokranjec PTP  
Bela Krajina地区のシャルドネ、ソーヴィニョン、ピノ ブラン、ピノ グリ、Kraljevina、Laški rizling、Zeleni silvanecをブレンドした白ワイン。          
 



 甘口ワインは過度に完熟させて造られるので、ドイツのようにプレディカーツワイン(Predicate)と呼ばれ、クオリティワインだけが更に、伝統的にその表記が許されています。


・ Suhi jagodni izbor (貴腐・トロッケンベーレンアウスレーゼ)
・ Ledeno vino (アイスワイン)
・ Vino iz sušenega grozdja (干しぶどうワイン)
・ Jagodni izbor (粒セレクション・ベーレンアウスレーゼ)
・ Izbor (房セレクション・アウスレーゼ)
・ Pozna trgatev (遅摘み・シュペトレーゼ)


 地理的原産地呼称を守る為に、ラベル表記も法律で定められています。スロヴェニア国外で造られたワイン以外のテーブルワインも検査分析を必ず通らなければなりません。スロヴェニアでは、ぶどう品種がワイン購入の際に非常に重要となってきます。その為、テーブルワイン以外(Dezelno, Kakovostno、Vrhunsko)はぶどう品種とヴィンテージの表記が法律で定められています。




 

自然派の造り手


 人為的介入を極力避けた、ジョージアやイタリアのフリウリのように、昔ながらの製法を引き継ぐ生産者もスロヴェニアには数多くいます。元々は、赤ワインも白ワインも同じように醸造されてきました。いつからか、果皮の色が異なるという事で、醸造方法が2通りになったのが、今日の世界のスタンダードです。スロヴェニアは知る人ぞ知るオレンジワインの聖地です。白ぶどうを用い、赤ワインの醸造方法で白ワインを造ります。ぶどう果汁と果皮を1週間から半年、なかには1年もの長きに渡り、接触(スキンコンタクト)させて造ります。この醸造工程の事を英語ではマセレーション、フランス語ではマセラシオン、日本語では醸しと言います。一般的には発酵槽の蓋を開放して、好気的環境下で果帽管理が行われます。液面に浮いてきた果帽をかい棒を使って、撹拌させ果皮の成分を果汁に移行させます。古代人がやっていたように、ジョージア産のアンフォラを土に埋めて、発酵させる方法を取る造り手も少なくありません。このタイプのワインは、醸造の工程では亜硫酸は不使用で、ボトリング前に殺菌の目的で、少量を添加するに留めます。

 最高のワインを造るには、最高のぶどうからと言う基本も大切にします。完熟した健全な果実の選果と1本のぶどう木から1kg以下の収量を守ります。旨味の豊かさがボリューミーで、ナチュラルでいて飲み疲れしないワイン。個性的なワインですが、スロヴェニアが誇るローカルワインとして、オレンジワインは国内外の専門家の興味を引きつけています。


 


 
 




 

スロヴェニアのワイン用語

 Letnik 2006   ヴィンテージ 2006
 Vesbuje sulfit  亜硫酸の添加
 St.polnitve:111/5000  ロットナンバー
 St.odlocbe: 200/LJ  成分分析表ナンバー
 Suho  辛口
 Ljubko  甘口
 Rdece vino  赤ワイン
 Belo vino  白ワイン
 Penece vino  スパークリングワイン
 Na zdravie!  乾杯!

 


  スロヴェニア随一の観光地であるブレッド湖                                      白馬リピッツアの名産地
 
             世界最大級のポストイナ鍾乳洞               冬の祭りクレントヴァニエ(Kurentovanje)のクレント





 

スロヴェニアワインはこちらからご購入できます


 
 
    ゼレン2015       カベルネソーヴィニョン2013    プレピ2008












 

Contents

  • about 365wine
  • スロヴェニアワイン
  • 飲食店向け
  • クロアチアワイン
  • 大野みさき's Story
  • ワインの豆知識
  • プロの味を食卓へ
  • イベント
  • winebar 365
  • ギフトラッピング
  • スロヴェニア料理
  • 自然派ワイン
  • ワインの歴史
  • JAMSEK