スロヴェニアワインについて


地理

 

 スロヴェニアと聞きヨーロッパのどこであるかを地図で指し示す事ができる人もそう多くはないと思います。イタリアの東、オーストリアの南、東にハンガリーとクロアチア、一角(4.8km)をアドリア海に面する面積20273km、四国ほどの小国です。ちょうどボルドーと同じ北緯45度の緯度です。地理的にも気候がとてもワイン造りに適した土地で約28000軒ものワイナリーがあります。栽培面積21600ha、年間生産量は900ヘクトリットル(=9億リットル、世界の産出量2億7900万ヘクトリットル、2014年データ)です。3つのワイン産地があり北東のポドラウイェでは辛口白、スパークリングワイン、少量ですがその南のポサウイェでは甘口ワイン、全産量の40%を占める南西のプリモルスカ(海側の意味)では重めの赤ワインが造られます。更に細かく14の地区に分けられます。

 

ワイン史

 

 今から2400年前、紀元前400年頃、現在のスロヴェニアの領土でケルト人によりワイン造りが始まりました。1世紀に入るとローマ人の支配下によりケルト人のワイン造りは急速に衰退していきました。一方、ローマ帝国の繁栄と共にワイン産業は拡大し、陶器で保管と熟成をさせる独自の方法を編み出しました。

 中世になると大多数の畑はカトリック教会が所有していました。その為、当初は醸造の知識を持った祭司や修道士の手によって造られました。今日でさえも数軒の修道院では少量ですがワインが造られ続けています。13世紀にはワイン生産者の権利と義務が認可され、18世紀にはぶどう畑とワインセラーに関しての最初のマニュアルが発行されました。19世紀後半にはスロヴェニア初の農業学校がヴィパーヴァ村に設立され、ワイン造りは教育の重要な一部として組み込まれていきます。しかし19世紀、ヨーロッパ全土を襲ったフィロキセラの被害はスロヴェニアでも半数のぶどう木が死に絶えワイン造りの発展に大打撃を与えました。

 その後、第二次世界大戦までの10年間はワインの消費は右肩上りでした。しかし、協同組合の管理下で品質は著しく低かったのですが、1970年代初頭、スロヴェニアワイン保護に関する法律が定められ、献身的な生産者の取り組みにより品質を重視したワイン造りが行われるようになりました。1991年に旧ユーゴスラビアからの独立を果たし生産者の努力により飛躍的に品質が向上します。ぶどう品質を保つ為に大量生産をしない上に、家族経営なので当然のことながら生産量は限られます。よって国外の市場にはなかなか顔を出さず、そのほとんどが自国で消費されます。丁寧に造られたワインは今日、世界に認められ高い名声を得ています。



 
  

 

ぶどう品種

 

 スロヴェニアでは52種類のぶどうが栽培されています。白ぶどうが37種類で全体の70%、黒ぶどうが15種類で30%を占めますローカル品種は赤ワインにはテラン、ランフォル、クラルイエビナ、白ワインにはゼレン、ピネラ、レブラ、グレラ、クラルニカ、イエローミュスカ、ピコリット(甘口)などの個性的なぶどうが用いられます。ピノノワール、メルロー、カベルネソーヴィニョン、バルベーラ、イタリアンリースリング、ソーヴィニョンなどの馴染みのある品種も使われています。

 

ポドラウイェには世界最古の樹齢400年ものぶどう木があります。今もなお現役です。

ワインの格付け

 

 スロヴェニアのワインは4つのカテゴリーに分類されています。市場に出る前に全てのワインは公的機関で検査を受けZasciteno Geografsko Poreklo(ZGP)のそれぞれのクラスに分けられます。スロヴェニアワインの70%が格付けのクオリティワインとプレミアムワインの基準を守っています。造り手のたゆまぬ努力が素晴らしいワインを生み出しワインラヴァーからも親しまれています。



・Vrhunsko vino ZGP (プレミアムワイン) 
・Kakovostno ZGP (クオリティーワイン)
・Dezelno vino PGO (カントリーワイン)
・Namizno vino (テーブルワイン)



 

Jamšekワインについて その1 「恵まれたテロワール」

 

 スロヴェニア西部、海岸沿いのプリモルスカ地方の内陸部、ヴィパーヴァにJamšekは拠点を置きます。ヴィパーヴァは気候、土壌がワイン造りに適した土地です。南北にヴィパーヴァ川が流れ連なった渓谷の西側斜面にぶどう畑が広がっています。降雨量が少なく、夏は暑く乾燥し、冬は温暖で温度差が比較的少ない地中海性気候です。ヴィパーヴァはアドリア海から吹き付ける風速150/kmの強風Boraが吹き抜けます。(パラグライダーなどの風を使ったアクティビティが有名)風が湿気を防ぎカビや腐敗、病気や害虫を寄せ付けません。農薬の使用も最小限で済みます。風で適度にぶどうが冷やされる為、ワインには美しい酸とアロマがのります。

 土壌はカルスト台地に広がる石灰質、堆積岩土壌です。石灰で形成された世界最大級のポストイナ鍾乳洞をはじめ国中に9000以上もの鍾乳洞が点在しています。水はけの良い土壌が地下水を蓄え、ぶどうは地中深くまで根を下ろします。ミネラルが豊富で凝縮された上質なぶどうが出来上がるのです。

 

2015年7月、Jamšekの畑の様子です。強風Boraでぶどう木がしなっています。

 

Secret wine a journey Vipava(音楽)


 

ワインについて その2 「醸造家の馴れ初め」

 

 Jamšekは1887年から続く伝統のあるワインメーカーです。創業当時から使われているアンティークの大樽は今もなお現役で活躍しています。樽に記載されている西暦はJamšekの歴史を記録しています。現在はIvanと彼の息子Marko Jamšekによってワイナリーは運営されています。Markoの妻Erikaも醸造家の家系で、2人とも幼い頃から父親の背中を見て育ち、農学部醸造学科に進学、キャンパスで出会い恋に落ち結婚。2つのワインメーカーが1つになり新Jamšekとして再スタートしました。

 
    

 

ワインについて その3 「こだわり」

 

 6haの畑では10種類の品種を用い、約20000本のワインが生産されます。畑には牛や豚が放たれています。牛は耕作に、豚は食用に飼育されています。去年訪問した際、畑には牛、カーヴには自家製のハムがワインと同居しているのを見かけました。

 有機農法の栽培から醸造に至るまでの全ての工程を手作業で行っています。1本の木から1kg以下の収穫量を守ります。収量が増すと養分が全房に分配され、その分ぶどうの質が落ちるのです。畑はモノポール(単一栽培)を避ける為に、野菜やハーブなどが交互に植えられています。近年、精油用のラベンダーをぶどうの木間に植えました。ワインは土壌の性質やそこに育つ草木のキャラクターがダイレクトに反映されます。ラベンダーがワインの香りや味わいにどのように影響するのかとても楽しみだとErika は話します。また、昨年は樹齢3年の若木ピノノワールから初の収穫が行われました。製品として市場にリリースされるのは後、3年後の予定です。Jamšekはスロヴェニア市場で数々の賞を受賞し国際的なコンクールでも輝かしい成功を収めています。今後、目が離せない造り手です。



 
*    

 
 

ヴィバーヴァ村の紹介(English)



 

スロヴェニア観光局によるヴィパーヴァ村の紹介(Music)



 

スロヴェニアワインはこちらからご購入できます

 
    ゼレン2015       ルメニミュスカ2014      メルロー2013    カベルネソーヴィニョン2013      プレピ2008












 

Contents

  • about 365wine
  • スロヴェニアワイン
  • 飲食店向け
  • クロアチアワイン
  • 大野みさき's Story
  • ワインの豆知識
  • プロの味を食卓へ
  • イベント
  • winebar 365
  • ギフトラッピング
  • スロヴェニア料理
  • 自然派ワイン
  • ワインの歴史