大野みさき's story
私が輸入業をはじめたわけ、それはワインに恋したから
CA時代の転機 フランスでの現実 出会い 企業を決意 インポーターへの転身 更なる挑戦

CA時代の転機

はじまりは2012年冬の事でした。それまで勤めていたANAの国際線CAのキャリアに幕を下ろしました。人気ランキングでは常に上位にノミネイトされる企業の花形職業です。反対意見も多数ありましたが、思いとどまる事なく決断したのは、他ならぬ、ワインに恋をしたからでありました。

 

ワインと少し関係を持ってみたら、まるで人間のようで、はたまた誰かの人生のようで、それは非常に面白く、興味を引かれるのにそう時間はかかりませんでした。気付けば、知れば知るほど、のめり込み、好奇心と探求心に駆り立てられた私は、ならばいっその事、ワイン産地に赴いてみようと思いました。29歳の決意です。

*

フランスでの現実

その春、就労ビザを握りしめて渡仏しました。ワイン造りを学びたいとワイナリーでのスタジエを希望してみるはものの、就職先はなかなか見つかりませんでした。仏文で履歴書を作成して1000ヶ所のワイナリーに送りましたが、醸造学部を卒業したわけでも、スタジエの経験があるわけでもなく、フランス語すらままならない私は、ただ無力な日本人である事を痛感しました。

外国人短期労働者である事に加えて、女性である事がさらに輪をかけて就職を困難なものにします。そう、力仕事を必要としているワイン造りの世界では、女性である事は不利にしか働かなかったのです。刻々とむなしく時間だけが過ぎていきました。

*

出会い

ぶどうの収穫時期だけ、手伝いをする事はできましたが、ワイナリーで通年働く事はそう易々と受け入れては貰えませんでした。折しも、ソムリエコンクール優勝の経歴を持ち、25年間ワインスクールの講師も務めるAlain Segelleと出会い、日夜、連れられた試飲会ではワインの利く力を磨き、各種イベントの手伝い、メダルの審査員を担当する機会に恵まれました。同時に彼からオーガニックワインの真髄も教わりました。この時期から「工場ではなく、畑で造られるワイン」を好むようになったと記憶しています。

*

起業を決心

フランス滞在中に東欧を周遊した際、今後の人生を変えるであろう出会いがありました。イタリアの東部に位置する小国、スロヴェニアに訪れた時の事です。あるオーガニックショップで偶然、手にしたワインに感銘を受け、すぐさま生産者を訪れました。知名度は低い産地ですが、熱意を持ったひた向きな姿、そして人を喜ばせたいという生産者の想いに心打たれました。スロヴェニアワインを日本で広めたい、皆様にも楽しんで貰いたいと考え、帰国後は輸入業をはじめようと決意します。

*

インポーターへの転身

しかしながら、輸入、卸売、小売業の知識はもとより、実務経験、酒販免許、資金、仕入先のコネクション、販路とビジネスを始めるのに必要なものが全て欠けていました。呆れるほどのないもの尽くしです。

猛勉強の末、わずか帰国後ひと月で、365wine株式会社の設立が叶いました。しかし、一筋縄でいくはずがありません。酒販免許がないとワインは1本たりとも販売をする事はできないのです。卸売、小売、インターネットを網羅している酒販免許を取得しようとしていたので、ある時、税務署の職員にこう言われました。「実務経験のない方が、最強の酒販免許取得の申請をするとは前代未聞です。貴方に輸入業ができる事を証明する何かを提出して下さい」そうなのです。国から免許が下りない可能性が十分あったのです。万一、許可が下りなかったら、仕入れ済みの6000本のワインは、毎日飲んでも16年半の歳月を要しますが、それも自身で飲んだら済むだけの事です。全く問題はないと自身に言い聞かせます。免許取得までの3か月半、そう覚悟を決めた事により幾分か気持ちが軽くなりました。9月半ばとうとう免許が下り、輸入ワインが販売可能となりました。

*

更なる挑戦

こうして現在に至るのですが、もしワインに恋をしなかったら、航空会社を辞めることも、フランスに行くことも、インポーターになる事もなかったでしょう。ワインが私の人生の舵を180度と大きく変えたのです。

たくさんのワイン産地がある中で、スロヴェニアワインを選んだのは、いくつかの理由があります。そのうちのひとつが、食事との相性が非常に良い事です。日本では和食以外に世界各国の料理が楽しまれています。豊かな酸が持つ魅力的な味わいは、多様性のある食卓に上手く寄り添ってくれます。食とワインが美しく調和をみせます。それは生産者の熱意やホスピタリティ等の人間性に通じるものではないでしょうか。結局は料理もワインも人が手掛けるものです。豊かな食文化は、そこに暮らす人々の心の豊かさにも比例します。美味しい食とワインは人を笑顔にします。

これからも、食とワインと人との調和で、貴方とその大切な方の毎日を笑顔にし続けたいと思います。

大野みさき
*

Contents

  • about 365wine
  • スロヴェニアワイン
  • 飲食店向け
  • クロアチアワイン
  • 大野みさき's Story
  • ワインの豆知識
  • プロの味を食卓へ
  • イベント
  • winebar 365
  • ギフトラッピング
  • スロヴェニア料理
  • 自然派ワイン
  • ワインの歴史
  • JAMSEK