GONCピノグリ―ジョ2020

Profile
プロフィール
タイプ
白(辛口度 ★★★★☆)
産地
スロヴェニア
生産者
Gönc
品種
ピノグリ
ヴィンテージ
2020
アルコール度数
12.5%
容量
750ml
適温
13℃






Taste
テイスト

 2019年は蔵元で完売していたので入手できなかったワインです。まだ新ヴィンテージは試していないので、2018年のコメントを載せておきます。ロゼワインのようなオレンジがかったピンク色。青りんごやパイナップルの香り、酢酸のニュアンスも程よくあります。樽の使用はしていないので、ピノグリ本来の果実感が楽しめます。やや冷やして頂きたい上品なオレンジワインです。

 早朝に収穫して、ぶどうは冷たい状態で醸造所まで搬送されます。健全で完熟したぶどうを用い、除梗、破砕後は低温浸漬(低い温度で醸す)を3日間かけて行います。潜在的なアロマと豊かなパレットが保たれます。このワインの美しいオレンジピンクは、低温浸漬とグリ系の品種が持つ果皮の色が影響しています。ステンレスタンクで6ヶ月間シュールリー(滓と接触させる)とバトナージュ(滓の撹拌)が施されます。骨格と滓のニュアンスが加わり、クリーミーに仕上がります。



Marriage
ワインと料理のマリアージュ

《おすすめの料理》新玉ねぎの二杯酢、つくね(タレ)、照り焼き、ポークピカタ、イクラとなめ茸の和え物。







Marriage
最高のワインラバーは最高のワインに値する  −Peter Gönc

   Göncのワイナリー史は1936年に遡ります。先代の曽祖父が、ハンガリーとの国境にあるDobrovnik村で、ぶどうの苗木を植えたのがはじまりです。現在は4代目の当主 Peter Gönc(ペーター・グンツ)に受け継がれ、スロヴェニア第2の都市Mariborの近郊、Ptuj村でワイナリーを営んでいます。


 世代をこえて守り継がれた11haの畑では、家族のみでぶどう栽培から元詰めまでを行います。『母なる自然』との結び付き、その歩みに耳を傾け、従うことを心がけています。彼らにとってそれは、天然酵母にワイン造りの全てを任せ、添加物なしにナチュラルなワインを造ることに繋がります。自然なワイン造りこそが、土壌のポテンシャルやその年の気候、ひいては情熱をも表現できると信じています。

 真面目にワイナリーの紹介を書いてきたのですが、つまらない、実につまらない!!非常にありきたりな内容で、面白くない!ことに気が付きました。この文章を書いている本人がそのように感じるのですから、きっと皆様はもっとウンザリされているだろうと想像します。では、ここからはワイナリーのキャラクターに合わせて、ファンキーに参りましょう!



 ここにひとつ面白い話があります。ワイナリー名の誕生秘話です。Göncの名前は、彼らがプロデュースしたハンガリー産の樽の名前に由来しています。それは136Lの小樽。Göncのワインのエチケットには「G」「1」「3」「6」という英数字が点で表現されていたり、アイコンや水玉も点で表されています。点(ドット)は数えたらいくつあるのかわかることですが、その数はワイナリー名に由来する樽のリッター数「136」に辿り着きます。疑うつもりはありませんが、鉛筆で×印を付けながら、地道に点やアイコンをカウントしました。はたから見たら相当変な人です。数えたら本当に136個ありました。ワインは136のドットからできており、1つのドットは1Lを表します。エチケットをゆっくり眺めると、色々な発見があり、なかなか興味深いものです。



 

 もうひとつGöncのユニークな一面をご紹介したいと思います。ペーターは典型的なロックファンです。彼のクリエイティブなワイン造りに良い音楽は不可欠だそです。Toploader、Steppenwolf、Ram Jamなどを醸造中のワインに聞かせています。リズムにノリノリの当主とワインを想像しました。ワインが音楽と出会えば、それは心が揺さぶられるようなファンタスティックな組み合わせで、もう良い曲なくしては、Göncは良いワイン造りが成し得ないと言います。「良い音楽がないと良いワインは造れない」マジですか。彼には良い音楽を聴かせなければです!ペーターの造る白ワインは、あたかも燃料のようなワインで、人々の胃袋に容赦なくかがり火を灯します。躍動感と言いますか、そのエネルギーが半端ありません。段々Göncのワインが飲みたくなってきた頃だと思います。この辺りで結びに入りましょう。

 ここまで書いておきながらですが、ペーターが伝えたいのはワインの解説ではありません。実際にワインを飲んでその声を聴けば、きっと貴方だけのGöncの物語を聴くことでしょう。多くは語りません、先ずは飲んでみて下さい。

        













Contents