レブラ2014

土着品種のオレンジワイン

Profile
プロフィール
タイプ
白(辛口度 ★★★★☆)
産地
スロヴェニア
生産者
MANSUS/マンスース
品種
レブラ(リボラジアラ)
ヴィンテージ
2014
アルコール度数
13%
容量
750ml
適温
17℃



Taste
テイスト


 ゴールドカラーのワインからは、パイナップルや桃などの完熟した木なりの果実香が広がります。辛口であっさりしていますが旨味と厚みが感じられます。酢酸エチルのニュアンスが非常にチャーミングで、ワインに奥行きを持たせます。



Marriage
ワインと料理のマリアージュ

《おすすめの料理》しょう油を使った料理、筑前煮、肉じゃが、すき焼き、焼き鳥たれなどとよく合います。



Marriage
昔のワイン造りを守り続ける500年の伝統

 
 MANSUSのワインは、"The old way wines"と呼ばれており、人為的介入を一切しない古い方法で造られています。最新悦の機械や技術ではなく、むしろ畑(ぶどう木と土壌)に対する愛情、向き合い方(扱い方)、または太陽などの自然が大切だと語ります。畑と人間を取り巻く環境に配慮したビオディナミ農法、天然酵母の使用、昔ながらの製法を頑なに守り抜きます。人間は最低限の事を行えば、後は自然が全てやってくれるという理念を通して、テロワールとぶどう本来の味を具現化します。特に赤ワインのように果皮ごと醸造を施した白ワイン(オレンジワイン)を得意とし、それらはスロヴェニアでは”After old wine”と言われています。昔の時代の醸造技術を重んじ、現在に戻そうという試みです。醸す時間が長期に渡ったワインは、天然のコルク栓を用い、ワインは長く瓶内で生き続けています。

 レブラはギリシャから伝わった品種で現在ではイタリアのフリウリやクロアチアなどでも栽培されています。晩秋である11月に収穫されたぶどうは、天然酵母を使用して14日間アルコール発酵させます。そのまま6ヶ月間醸しを施し、ステンレスタンクで12ヶ月滓の上で熟成を行います。ぶどう本来の風味やテロワールを残すため、フィルターを通さず、上澄み部分をボトリングします。亜硫酸は殺菌の目的で15/lのみ添加します。




                                    Read more ↓↓↓





Contents