ギリシャワインについて

【ワインの歴史】

ギリシャのワイン史は紀元前2000年前、青銅器時代というはるか昔に遡ります。クレタ島にはフェニキアの商人によってエジプトから伝わりました。ローマ神話のバッカスは、ワインと豊穣の神として知られていますが、ギリシャ神話ではディオニュソスと呼びます。今から4000年以上も前にバッカスを神として崇める精神文化が発達していました。文学や詩、演劇、音楽、建築なども色濃くワインの影響を受けています。クレタ島にワインが伝わる以前、バッカスは蜂蜜酒の神であった事が、島のミノア文明の遺跡からもわかります。


また、人々はワインに砂糖や蜂蜜などの甘味料、オリーブオイル、小麦粉、海水、松脂などの香料を加えて楽しんでいました。こういった薬用酒のような飲み方は今日まで受け継がれています。太古からワインと人とは密接な関係がありました。その後、ギリシャからローマを経てキリスト教の広がりと共にボルドー、ブルゴーニュへと北進しました。ギリシャは世界の名産地であるフランスやイタリアよりずっと長い歴史があります。

【ぶどう品種】

カベルネソーヴィニョンなどの国際ぶどう品種も含め、そのバラエティは約300種類にも及びます。そのうち、ワインに使用されるのはおよそ50種です。19世紀末、ヨーロッパで大流行したフィロキセラ(アブラムシ)の被害を受けず、今もなお、原木のまま古代から伝承されています。近年は絶滅しかかった土着種の再生を果たす活動にも力を入れています。365wineではクレタ島の土着品種であるコツィファリ(Kotsifali)を使用したワインを扱っています。馴染みのない品種ですが、糖度が高く酸とタンニンはやや抑えられ、丸みがありまろやかで飲み易いタイプです。


  

【ストラタリダキスのワイン  その1 「クレタ島の個性を表現」】

ストラタリダキスはヨーロッパ最南端のワイナリーです。コスティスとマノリス兄弟がプロデュースするのはクレタ島の個性を発揮したエキゾチックなワインです。日本の年平均日照時間は2000時間未満ですが、クレタ島では3000時間をゆうに超え、雲ひとつ見られない晴天が年間300日以上も見られるという太陽に恵まれた土地です。日照量が多いのですが、南向きの緩やかな斜面にはメルテミと呼ばれる海風が吹きつける為、極端な温度上昇は起こらず、ぶどうは適度に冷やされます。その為、南の島で造られたとは思えないような美しく繊細な酸がのるのです。


また、石灰質土壌なのでミネラルが豊富なワインに仕上がります。テロワールの特色が表れた健全なぶどうからは、完熟した果実感、アルコールのボリューム、酸とタンニンのバランスが取れている、どこかエキゾチックで異国情緒あふれる個性的なワインが生まれます。


【ストラタリダキスのワイン  その2 「収穫と醸造」】

Strataridakisはリュットレゾネ(Lutte raisonneée)のワインを造っています。減農薬農法で除草剤、殺虫剤、化学肥料を極限まで減らした農法です。また、収穫から瓶詰までの全ての工程を一般に公開しています。ひとつずつ丁寧に収穫されたぶどうは畑での選果が徹底されています。選び抜かれた房は小さなバスケットに収納され、その後30分以内に破砕が開始されます。醸造は先代から引き継いだ足で踏む伝統的な破砕方法や最新悦のテクノロジーを取り入れて、高品質なワイン造りを目指しています。


「自然は人類の遺産で未来に引き継いでいくもの」とStrataridakis兄弟は語ります。私達を育む大自然こそ次世代に守るべき世界遺産です。妙に納得しました。「過ぎ去った時代の当主の秘密がワインには隠されている」とも言います。秘密と聞くと暴きたくなるのが人の性です。しかし、返ってきた答えはこうでした。「秘密は秘密さ」哲学者がここにもひとりいました。ウインクしているバッカスの姿が一瞬見えた気がしました。


  


【クレタ島が世界一の長寿島である理由】

クレタ島民はご長寿であると言うことでも有名です。肥満率、心筋梗塞などの心臓病、発癌率も著しく低いことが報告されています。その理由は食生活にあると専門家は説いています。季節の野菜や果物、穀物中心の食事、たんぱく質は魚介類から摂り赤身の肉は月に数回程度にとどめる。チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品を毎日摂取する。バターなどの動物性油脂ではなくオリーブオイルなどの植物性油脂を摂る。赤ワインを毎日2〜3杯飲む。赤ワインに含まれるポリフェノール効果は絶大ですね。是非、健康維持の為にも、日々の食事に摂り入れていきたいものです。

Contents

  • about 365wine
  • スロヴェニアワイン
  • 飲食店向け
  • クロアチアワイン
  • 大野みさき's Story
  • ワインの豆知識
  • プロの味を食卓へ
  • イベント
  • winebar 365
  • ギフトラッピング
  • スロヴェニア料理
  • 自然派ワイン
  • ワインの歴史
  • JAMSEK