History of wine

昨今、世界中の食卓で楽しまれているワイン。何故ここまでグローバルで市民権を獲得できたのでしょうか。ワイン(葡萄酒)と言われるものは、人間が手を加えなくても、原料となるぶどうさえあればできるのです。完熟したぶどうが圧力で破砕されると、果汁と果皮に自生する酵母が接触して発酵が始まります。そう、太古に人類は自然の産物を発見したのです。その後、野生のぶどうを用いてワインを造り、農耕時代に入るとぶどう栽培も手掛けるようになりました。ワイン醸造はいつ、どこで始まりどのように世界に広がっていったのでしょうか。今回はワイン史を紐解いていきましょう。



【ワインの発祥】

BC6000~7000年、今からおよそ8000〜9000年前、メソポタミア(現在のイラク、シリア一帯)がワイン発祥の地と言われています。世界4大文明の最古であるティグリス、ユーフラテス川流域でメソポタミア文明が起こりました。メソポタミアはギリシャ語で「川の間の地域」と呼ばれています。この2つの大河を利用して灌漑農業が盛んとなり、次第に都市国家が形成されていきました。


メソポタミア

シリアとイラクの国境、メソポタミア文明最古のマリ遺跡からのユーフラテス川の眺め


BC2500年、ギルガメッシュ叙事詩にワインに関する最も古い文献が、粘土板として残っています。ウルクのキルガメッシュ王が、大洪水に備えて作らせた方舟の船大工にワインを振る舞ったという記載があります。また、アルメニア(トルコ東部、イラン北部)の洞窟から6100年前に使われていたとみられる世界最古の醸造施設跡も見つかりました。50リットルの発酵、貯蔵用の容器や枯れたぶどうの木、皮、種等も出土しました。周囲には墓が点在している事から、ワインは儀式に使われていたものと推測されます。精神文化と共にワイン文化も発達して古代オリエントへと(中東〜中央アジア)広がっていきました。


ギルガメッシュ叙事詩

シリアのパルミラ遺跡のに印されたぶどうの彫刻

【エジプトからギリシャへ】


BC2700年になると、ビブロス(現在のレバノン)などの沿岸の輸出港から、地中海の島やマグレブ諸国への貿易が行われるようになりました。エジプト王朝(BC3100~1500)が栄えた時代には、フェニキア商人によりワイン等(ヒト、モノ)の交易が盛んになりました。エジプト第一王朝以降の壁画にはぶどう収穫や醸造の様子、素焼きのアンフォラ、圧搾機等も描かれています。一般庶民のビール(古代エジプトではお湯の入ったアンフォラにパンを浸し、数日間かけて発酵させてビールを造っていた)とは異なり、ワインはファラオや上流階級向けの高貴な飲み物でありました。


トトメス4世の書記かつ天文官であるナクトの墓の壁画(BC1500年ルクソール)


フェニキアのワイン商人によりBC1000年にはエジプトからギリシャへワイン造りがもたらされました。ギリシャ神話の酒神ディオニソス(ローマ神話ではバッカスと呼ばれている)は豊穣の神でもあり、人一倍信仰心が厚かった古代ギリシャ人はワイン造りにも精を出しました。その時代の文学、詩、演劇、音楽、建築などは色濃くワインの影響を受けています。彼らの嗜んでいたワインは残糖があり、アルコール度数は低くジュースのようなものでした。その為、ワインは水で割って飲むのが一般的でした。ギリシャでは砂糖や蜂蜜等の甘味料、オリーブオイル、小麦粉、海水、あるいは松脂等の香料(白ワインのレッツイーナが有名ですね)を加えて楽しんでいました。こういった薬用酒のような飲み方は今日まで受け継がれています。


バッカスをモチーフにしたクラシック音楽や酒宴の舞が生まれた


【キリスト教と共に】


古代ギリシャ人によりイタリアのローマにワインが伝わったのはBC6年の事です。BC8年にローマ帝国が築かれ、AD100年より帝国の拡大に伴い、新しい領土に文明を定着させる目的で、教会の建設と同時に国教であるキリスト教がヨーロッパ全土に伝播されました。


地中海全域を支配下に置いたローマ帝国の繁栄


イエスキリストが「パンは我が肉、ワインは我が血」と呈した事から、ワインはキリスト教のミサに必要不可欠で神聖なものと、位置付けられるようになりました。教会や修道院によりワインの生産量も上がり、宗教と共にワイン造りも伝えられました。この時代からワインはストレートで飲まれるようになりましたが、儀礼用の為、日常で楽しまれるようになったのは、中世に入ってからです。またこの頃、保管や運搬に使用していた容器のアンフォラの代わりにオーク樽が使われ始めました。


キリストは「パンは我が肉、ワインは我が血」と説いた


パルミラ博物館に安置されているアンフォラ(写真左奥)

【中世、旧世界から新世界へ】


ローマ帝国が没し、時代は中世へと移り変わります。15世紀半ばから17世紀半ばまで、ヨーロッパの列強国は新天地を求めて、こぞって大海原に繰り出しました。大航海時代の幕開けです。北米(1769年)、南米(1500年代半ば)、オーストラリア(1788年)、ニュージーランド(1819年)、南アメリカ(1655年)等の植民地となった国々ではキリスト教の勢力が後押しして、次々にワイン造りが取り入れられました。※( )内はワイン用のぶどうが植樹された年です。日本では1870年に山梨の甲府で日本初のワイン造りが行われたという記述が残っています。こうして、ヨーロッパの旧世界から、新世界へとワインが拡大していきました。 16世紀から18世紀になると宮廷文化が華開きました。優れた芸術や文化を中心に収めて、美食にもワインが求められました。


ボトルを表すブテギュ(後のBouteille 仏)は、13世紀頃から樽からくみ出すカラフとして使用されていましたが、17世紀末には保存や運搬として用いられるようになりました。また、コルク栓も発明されました。


マリーアントワネットとパリのMusee de vinに展示されている歴代のワインボトル

【近代から現代】


19世紀後半からワイン造りは苦難な道を突き進みます。うどんこ病、フィロキセラ(ぶどう根アブラムシ)、ベト病の被害によりヨーロッパの1/3の畑が壊滅的な状態になりました。志の高い造り手が持ち直して20世紀前半(1935年)には世界に先駆けてフランスでワイン法が制定され、各国もそれに倣いワイン造りが整備されました。昨今はワイン造りの技術が急速に進歩を遂げ、高品質なワインが生み出されています。

【終わりに】

このように大昔からワインは人類と密接に関係してきました。文明のあけぼのに始まり、宗教の伝播、領土の侵略等の背景があり、長い歴史の中でその土地の風土や気候に適した品種を選定し、栽培や醸造方法の改良改善を試み、より良いものを生み出す努力を続けてきました。それによって、今や世界中で気軽に楽しめる嗜好品となっています。


何故ここまでグローバルになったかにもう少し付け加えるとするならば、筆者はぶどうが世界で最も多く栽培されている果物である事、そして造り方が非常にシンプル(原料もぶどうのみ)である事を挙げたいと思います。さらにもうひと言、仲間と酌み交わすワインは最上級の味で、古今東西、いつの時代も人を笑顔にしてきたからではないでしょうか。

(2016/03/28)


《参考文献 》

ワイン物語 芳醇な味と香りの世界史・上/

ヒュー ジョンソン

ワインという名のヨーロッパ ぶどう酒の文化史/

内藤道雄

ワインの文化史/ガリエ ジルベール

Contents

  • about 365wine
  • スロヴェニアワイン
  • 飲食店向け
  • クロアチアワイン
  • 大野みさき's Story
  • ワインの豆知識
  • プロの味を食卓へ
  • イベント
  • winebar 365
  • ギフトラッピング
  • スロヴェニア料理
  • 自然派ワイン
  • ワインの歴史
  • JAMSEK